禁煙を始めてから3ヶ月が経過しました! ちりつも.com

こんにちは!「ちりつも.com」の@kiwi.jpnです。禁煙を始めてから3ヶ月が経過しました。以前の私は、1日に5本程度のタバコを吸う、ライトスモーカーでした。


振り返ってみると、禁煙を始めてからの1ヶ月間は「タバコを吸いたい」という衝動が大きかったです。


タバコの箱や、タバコを吸っている人を見る度に、禁煙に対する意思が揺らいでいました。


しかし、1ヶ月が過ぎた頃から「タバコを吸いたい」という衝動は消え、「タバコはいらない」と思えるようになりました。


これは、タバコを辞めたことのメリットを強く感じ始めていたからです。


例えば、タバコを辞めてからは、毎月の出費が大きく減りました。これはタバコ代が浮いたから、というだけではありません。


禁煙を始めたことで、タバコを吸っている人が多そうな場所、例えば、飲み屋さんに行く回数が減りました。


タバコよりもお酒の方が高いので、その分の出費が抑えられるのはかなり大きいです。


それから、飲み屋さんに行く回数が減ったことで、自由に使える時間も増えました。最近は映画やボルダリングに時間を使っています。


健康の面では、少し運動しただけで頭がクラクラしていたのが、無くなりました。体力も、少しずつ付いてきたと思います。


朝までお酒を飲むこともなくなったので、生活リズムが安定し、毎日決まった時間に寝ることが出来ています。


ここまで、いくつか禁煙をして良かったことを上げてきましたが、タバコを「百害あって一利なし」とまでは思いません。


もちろんタバコを吸わないに越したことはありませんが、タバコを吸っていて良かったと思うこともありました。


例えば人間関係です。「喫煙者同士だと、仲良くなりやすい」というのは本当で、喫煙者だったからこそ今の関係を築けたという友人もいます。


それから、タバコとコーヒーの組み合わせは便秘の時には最強の特効薬です。私は緊張するとお腹の調子が悪くなるので、そんな時はとても助かっていました。


でもタバコなんてなくても友人は作れますし、絶対に必要かと言われたら違います。


振り返ると、私はタバコを吸うことで、社会に溶け込もうとしていたんだと思います。


禁煙を始めて3ヶ月が経過した今、すでに山場は超えていると思うので、これからも禁煙を続けたいと思います。

 

禁煙を始めた理由は、またいつか記事にしたいと思います。