100Buck$

このブログでは主に英語・音楽関連のネタを発信します。

TED ジェームス・ハンセン なぜ気候変動について叫ばなければならなかったか

気候科学の第一人者のジェームス・ハンセンが彼自身がどのように地球温暖化の科学や議論に関わってきた話をします。この話のなかで温暖化が起こっている膨大な証拠を見せ、なぜこの証拠から彼が将来を非常に危惧しているのかを示します。

動画を見ている途中で、ふと疑問に思った事があります。

「気候変動は地球が誕生して以来、常に起こり続けて来たものではないか?」

太陽活動や火山活動などは人為的なものではなく、自然に起こり得るものですから、少なからず自然的なものが影響しているのではないかと思いました。

実際のところ、多くの研究機関が太陽活動よりも人為的なものが主な原因だと唱えています。

火山活動に関しては噴火の際の物質の割合により、温室効果を促進させる場合とそうでない場合があると言われていますが、近年では人為的温暖化を減速させているという論文が発表されています。

つまり今地球で起こっている気候変動の原因は、人為的なものだという事です。

私たちも日を増すごとに、気候変動の増幅を肌で感じていると思います。

日本政府は先月にドイツで開かれたG7サミットで、現状から2030年までに温室効果ガスを26%減らすという目標を発表しました。米国政府も同様に、2005年比から2025年までに26〜28%削減するという目標を発表しています。

私たち一人一人が環境についてもっと真剣に考えなければいけないと思います。

http://www.flickr.com/photos/46665196@N03/9755892674

photo by rifqi dahlgren

広告を非表示にする