読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

100Buck$

このブログでは主に英語・音楽関連のネタを発信します。

ワーキングホリデー オーストラリア入国後にやるべき6つのこと

f:id:BuckS100:20150619165353j:plain

最近はカバン一つで旅をするバックパッカーが多いですよね。それに乗じてノープランでワーホリをする予定という人も多いと思います。私もその1人でしたが、やるべき事だけは事前に確認していました。今回はノープランでワーホリをする時に気を付けなければいけないこと、オーストラリアに着いて、すぐにやるべきことを紹介したいと思います。

 ワーキングホリデー オーストラリアでまず始めにやるべき6つの事

1.両替

当たり前ですが、AUドルが手持ちにないと話しになりません。基本的に、オーストラリアの空港はレートが悪いので、その日に必要な額だけ空港で両替をしましょう。個人的にオススメしたいのは、クレジットカードのキャッシングです。レートも換金するより大分マシですよ!

2.宿の手配

オーストラリアの各都市にはバックパッカーズやホステルなど、安く泊まれる宿泊施設が多数あるので、泊まる場所についての心配は全くありません。約20ドルで大人数部屋に泊まる事が出来ます。ちなみに盗難防止のためのバックに付ける鍵やワイヤーなどは必須です。バックパッカーズで物を取られたという話しはよく聞くので、盗難防止グッズは必ず用意しておきましょう。

お金に余裕がない人はバックパッカーズ滞在中にインターネットや町の掲示板でシェアハウスやフラットを見つけましょう。住所がないと銀行口座の開設や、タックスファイルナンバーを取得することが出来ません。

iBUFFALO 盗難防止用巻き取り式セキュリティワイヤーケーブル BSQ04A

iBUFFALO 盗難防止用巻き取り式セキュリティワイヤーケーブル BSQ04A

 

 3.電話番号の取得

SIMフリーの携帯を持っていない場合は携帯電話を買う必要があります。Telstra ・Optus・Vodafone などの携帯会社がありますが、お勧めはOptusです。ウールワースやコールスなどの大手スーパーで買う事が出来ます。

私が買ったものは、9ドルの携帯と、2ドルのOptusのSIMカードです。 9ドルの携帯は本当にもろくて、よくバッテリーが外れていたりしましたが、電話をすることが滅多になかったため、特に困りませんでした。

2ドルのSIMカードは1年間有効ですが、チャージをしなければ電話をすることが出来ません。携帯とSIMカードを買ったお店で20ドルチャージするためのVoucherを買い、そのVoucherに書いてある手順でSIMカードをActivateしましょう。チャージした20ドルは、使い切らなくても1ヶ月でなくなってしまうので、また30日後にリチャージする必要があります。

※携帯やSIMカードを買う際には住所とパスポートが求められます。

※住所は宿泊しているバッパーやホステルの住所でも可能です。

4.銀行口座の開設

Australian and New Zealand Bank - ANZ

Commonwealth Bank - CBA

National Australia Bank - NAB

オーストラリアの主要銀行は以上の3つですが、オススメは口座維持費が無料なNABです。1年間の口座利用であればCBAも手数料無料ですが、NABは期間を問わず無料なので、セカンドビザの取得を考えている人はNABにしておきましょう。ANZは手数料・口座維持費として、一月5ドルかかるのであまりオススメではありません。

口座の開設には住所と電話番号、パスポートが必要です。書いた住所にキャッシュカードが送られてくるので、銀行口座を開設する前にシェアハウスを見つける必要があります。また、オーストラリアに6週間滞在した後の口座開設には、別途運転免許証などが必要になるので、その前に開設しておきましょう。 

5.タックスファイルナンバーの取得

働くために必要な、タックスファイルナンバー(TFN)を取得しましょう。TFNはインターネットで申請することが出来ます。

 Online TFN application | Australian Taxation Office

英語が分からない人は下記のホームページを見ながらやりましょう。

オーストラリアタックスファイルナンバー取得

タックスファイルナンバーの書かれた紙が住所に届くまで、10日〜30日ほどの時間がかかります。届くまでは住所を変えることが出来ません。なお、申請した時点で仮の番号が表示されるので、その番号で仕事をすることが可能です。

 6.履歴書の作成/コピー

海外の履歴書はありがたいことに手書きではありません。

英文履歴書/職務経歴書の書き方|ロバート・ウォルターズ

完成したら近くの図書館やコピーセンターでコピーしましょう。語学学校へは行かず、そのままアルバイト先を探す場合、30枚ほどコピーすれば就職活動には十分です。

※USBやSDカードが無いとコピーすることが出来ないので忘れないように。

 

オーストラリアに入国してからの日程 〜私の場合〜

6月

13日 オーストラリア入国 換金100ドル バックパッカーズ宿泊

14日 携帯電話購入、電話番号取得 

15日 シェアハウス確保・滞在スタート 換金300ドル

16日 銀行口座開設 タックスファイルナンバー申請

17日 履歴書作成、

18日 就活

 ↓  

27日 銀行キャッシュカード到着

28日 タックスファイルナンバー到着

 

 まとめ&注意点

オーストラリアに入国して数日間は忙しい日々が続きますが、それを越えればとても楽になります。特に語学学校には通わず、アルバイトを探すだけの人は、時間のあまりすぎでやる事が全く無い状況になるはずです。そんな時は近くの公園で本を読んだり、たまには自然をぼーっと眺めて時間を潰すのもありでしょう。 

 

広告を非表示にする