100Buck$

このブログでは主に英語・音楽関連のネタを発信します。

TOEICで900点以上を取るためにするべき5つの学習方法

f:id:BuckS100:20150609140323j:plain

日本人の英語学習者にとって、TOEICを受けることは避けられないことです。

IELTSやTOEFLなども知られるようになってきましたが、求人で見かける英語力の目安はTOEICや英検でしか記載されていません。

就職活動などで履歴書にIELTSのスコアを書いた場合、IELTSについての説明を求められる場合が多く、世間のIELTS・TOEFLに対する認知度はまだまだ低いようです。

リーディングとリスニングの2つで構成されるTOEICは、スピーキングやライティングのあるIELTSやTOEFLと比べ、受験対策が容易だと言われています。

色々な出版社からTOEICの対策本が出版されているので、段階を踏みながら対策を進めれば、高得点もさほど遠い道のりではないと思います。

TOEICで900点以上を取るためにすべき5つの学習方法

・公式問題集のリスニングを2倍速で解く

出来ればTOEICを主催するETSが出版している公式問題集がいいですが、今持っているリスニング対策本を2倍速で解き続ければ、当日のテストでのリスニング問題がかなり遅く感じると思います。

TOEICテスト新公式問題集< Vol.6>

TOEICテスト新公式問題集< Vol.6>

 

・リーディングパートの時間短縮

リーディングパートでは時間が足りなくなってしまい、最後の方はやむを得ず適当にマークを塗りつぶしてしまう人が多いです。

40問と出題数が多いパート5でいかに時間を節約し、長文で時間がかかってしまいがちなパート7にどれだけ時間を回せるかが鍵です。

文法に特化した対策本を何冊も何周も学習して、解答時間の短縮に励みましょう。

1駅1題 新TOEIC(R) TEST 文法 特急

1駅1題 新TOEIC(R) TEST 文法 特急

新TOEIC TEST 文法特急2 急所アタック編

新TOEIC TEST 文法特急2 急所アタック編

新TOEIC TEST 900点特急 パート5&6

新TOEIC TEST 900点特急 パート5&6

・語彙力を増やす

TOEICにおいて、ボキャブラリーを増やすことは基礎中の基礎です。

一度覚えた単語を忘れないようにするためには多読が重要です。

単語帳は何回も読んで、覚えた単語を忘れないようにしましょう。

新TOEIC TEST 出る単特急 金のフレーズ

新TOEIC TEST 出る単特急 金のフレーズ

DUO 3.0

DUO 3.0

 

・洋書を読み、英語に接する時間を増やす

英語を身近な物にすることは英語学習においてとても大切です。

海外ドラマを見たり、洋楽を聞いて英語を勉強するのも 一種の学習方法ではありますが、ただのやる気を保つための手段だと思ってください。

洋書を読んで英文に慣れるということが1番重要です。

難しくて途中で挫折してしまう人が多いですが、一冊の洋書を読み切るということが重要です。

一度読み切って、ストーリーを理解出来なかった場合はもう一度読みましょう。

それでも理解出来なかった場合はまたもう一度読みましょう。

数を重ねるごとにストーリーを理解し始めている自分にきっと驚くと思います。

基本的に洋書は「多読・重読」です。

洋書は一度覚えた単語を絶対に忘れない様にするための最強の道具です。

Holes

Holes

 
The Devil's Teardrop

The Devil's Teardrop

 

・英語はただのツールでしかないということを認識する

勉強した英語を何のために使うかが重要です。

TOEICは自分の英語スキルを測るただの計りであり、TOEICで高得点を取ることは通過点にしか過ぎないということを頭に入れておきましょう。

英語学習の極意 (文春新書)

英語学習の極意 (文春新書)

 

まとめ

今回の記事は自分のような英語中級者だけどレベルアップしたい、TOEICで900点以上取りたいという人に向けて書きました。 

実際のところ、私自身はTOEICを受けたことがありません。

今まで英語を勉強する過程でずっとTOEICに関する学習本を使ってきましたが、やっと本腰を入れてTOEIC対策を始めたばかりのTOEIC初心者です。

これからもTOEICに関する記事を書き、自分自身の英語スキルの向上と、TOEIC900点以上の早期取得を目指して頑張りたいと思います。

 

広告を非表示にする